〜お知らせ〜

下♪Adagioのホームページ♪下
♪http://adagio22.com/♪
♪あだーじょにゃんにゃんどっとこむ♪


ホームページにて、Web予約受付中
また、営業カレンダー子猫の出産情報等もご確認いただけます♪



るんるんブログランキングに参加中るんるん
下1日1回応援の1クリックお願いします猫(足)

にほんブログ村 猫ブログ 猫カフェへ  にほんブログ村 猫ブログ 猫 ブリーダーへ ペットの森 - ペットブログランキング

2015年05月07日

ボレロを愛してくださった皆様へ♪

こんにちは!

今日は、いつもブログを書いているワタクシではなく、

もう一人の女性スタッフから、皆様へお手紙です。


『1週間が経ちました』から書き始めたお手紙でしたが。


あれ?もう、2週間・・・。


お手紙を書きながら、色々思い出してしまったりしたようですが。



おかげ様で、

皆様にお線香を上げて頂きながら、お話ししたりして、

だいぶ立ち直ってきたかと思います。


ご心配おかけいたしました。


それでは、”続きを読む”から、どうぞ。




ボレロの声が聞こえなくなってから、2週間が経ちました。
最後の1週間はとてもゆっくり感じられたのに、
お別れしてから今日までは本当にあっという間。

回復傾向にあった20日から一転、21日の急変と、喜んだ矢先の出来事に
しばらくは何も手につかず、一人の時間は気がつくと涙を流していました。


今日まで、たくさんのコメント、綺麗なお花やお供えを頂戴し、
本当にありがとうございます。
ボレロは過去の人気投票の結果が(なぜか)イマイチでしたので、
お通夜、告別式とお別れに来てくださるかなぁ〜と正直心配しておりましたが、
遠方から駆けつけて下さった方、
お仕事を終えられてからお越しくださった方、
いつもは忙しく、なかなかお会いできないのに偶然その日がお休みだったりと、
たくさんの方々にお越しいただけました。


ボレロが皆様を呼んだのかなぁ・・・


もちろん、直接お越しになれない方も多くいらっしゃったと思います。
でも、皆様の思いはボレロにもちゃんと届いたと思いますし、
私たちも、皆様のお気持ちがとても嬉しく、そしてとても励まされています。
厚くお礼申し上げます。


今日は、私が大好きなボレロとのお話を少し書こうと思います。


ボレロは私が生まれて初めて飼った猫です。
そして今でも大好きな猫です。

私にべったべたで、抱っこをされている表情を見た常連様には、
「あれ?ボレロくん。普段のお顔と全然違うね〜」と言われます。
最近では初めてのお客様にも甘えん坊ってバレバレでした。

そんなボレロも初めて我が家に来た時はビビりでなかなかキャリーから出て来ず・・・
1歳前だと聞いていたのに、予想外の大人サイズに
「やべぇ デカいの来ちゃったなぁ・・・」というのが実は初対面の感想。
オペラ、ワルツ兄弟も一緒に来たので、
いきなりの4匹に、戸惑いながら接待していました。


その後も、ボレロとは少し距離を置いた関係が続いていました。

仲良くなったきっかけは、オープン前の1月下旬。
ワルツの兄弟「ロンド」がうちに来て1カ月と少し、
わずか8カ月という短い猫生を終え、虹の橋を渡ってしまった時の事。

ショックでした。
私が無知だったから・・・もっと何かできたんじゃないか・・・
と、後悔の涙ばかりが溢れ、お店のソファーで泣き崩れていました。

そんな時・・・
ふと気がつくと、ボレロがそっと隣に座っていてくれたんです。
それまでは体調を崩していた「ロンド」をずっとかまっていたからか、
私に寄ってくる様子もなく、皆様のイメージにもあるような、
凜としたどこか近寄りがたい印象だったボレロが、

『大丈夫 ここにいるよ』

そう言ってくれているような・・・


それから少しずつ距離を縮め合い、たくさんお話をしてきました。
時には相談もしたり。
ま、一方的に私が話していただけなんですが・・・
でも、理解してくれている気がしました。
ひょっとしたら、店長よりも私のこと分かってくれていたかも。


ボレロは、「犬よりは、まだ猫の方が好きかな?」
そんな程度だった私を、
「大の猫好き」にさせてくれました。
いたずらっ子な野良猫さんしか知らなかった私に、
猫がこんなにも愛おしい存在だと教えてくれたのはボレロでした。


今から1カ月程前、信頼しているブリーダーさんにお会いした時でした。
ボレロの背中を触り「あぁ、覚悟したほうがいいかも」とおっしゃいました。
今までの経験から、最期の時も分かってしまうんですね。
その日から、いつかこんな日が来ると覚悟はしていました。
ボレロが、すごくつらそうにしている日もありました。
そんな日は、もしものことを考えただけで、涙が止まりませんでした。
でも、元気になるという希望を捨てた訳ではなかったし、
今までと変わらず楽しく過ごしたいと思い、
その日が来るまでは絶対に泣かないと決めました。

昼間は仕事があり出かけるため、最期の1週間は夜は自宅に連れて帰り、
「飼い猫」として夢の様な楽しい時間を一緒に過ごしました。

「大丈夫 ここにいるよ」

と言いながら・・・


最期の時。
力強い心臓の鼓動を感じながら、
もっと一緒に居たい。
ずっとこうして過ごしたいと思い、
我慢していた涙が溢れ出しました。

「ありがとね ボレロ」 

何度も何度も言いました。
そして私の膝で、彼は静かに5歳という生涯を終えました。
最後は私が一番好きな顔をして・・・



ボレロとは、最初からこうなる事が解っていたと思えるくらいに、
ほかの子たちよりも密な時間を過ごしてきた様に思います。
今でもまだ元気なころのボレロの写真を見ると涙が出ます。
もちろん寂しさはあります。
でも、2週間経った今は、楽しい思い出を振り返り、
「やっぱりボレロはかわいいな〜」
と、親バカっぷりに変わりはありません。


祭壇に飾られたお花を見て、
ふと、ボレロは「かすみ草」みたいだなと思いました。
かすみ草は大好きなお花ですが、花束では、主役というよりは引き立て役な感じ。
ボレロも、アルトやオペラのように強烈なインパクトはないけれど、
あのフォーンの素敵な色や、しなやかな歩き方、仕草がふわっと周りを華やかに見せ、
個性の強い猫たちをぐっと引き立て、自分の存在感も残す・・・さすがボレロ。

私の中のボレロ像は、「かっこいい」甘えん坊。

皆様の心の中にも、色んなボレロが居ると思います。
時々思い出してやってください。
きっと、キラッキラの笑顔で喜ぶと思います!



少し・・・ではなく、長文になってしまいましたが、
最後までお読みくださり、ありがとうございました。
自分の言葉で皆様に伝えたく、この場をお借りしました。



最後に、
ボレロを愛してくださり、本当にありがとうございました。
心温かい皆様に見守られ、ここで過ごした楽しい日々を、
ボレロはいつまでも忘れないでしょう。
そして、私たちAdagioスタッフ一同は、多くの皆様に支えられているんだと、
改めてボレロが気付かせてくれた気がします。

ボレロとはまたいつか会えると信じています。
いつまでもくよくよしていないで・・・まだ時々泣いちゃいますが、
少しずつ前に進んでいきたいと思います!


ボレロが残していってくれた、いろいろな”ご縁”を大切にして・・・


1407458350630.jpg

ニックネーム Adagio at 00:17| Comment(12) | TrackBack(0) |  アビシニアン♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事を読みながら、涙がボロボロ出てきてしまいました
そしたら、日向ぼっこしていたはずのうちの子がそばに来て心配そうな顔で見つめてます
この子が居なくなる寂しさや悲しさが、凄くわかるのでなんともやるせない気持ちです
でもボレロのお母さんが元気が出てきて安心もしました!

Posted by ゆみ at 2015年05月07日 09:41
お辛い中、お手紙ありがとうございます。
たびたびお線香を上げさせてもらってますが、そのたびに『もうこんなに経ったんだ…』と思います。
ボレロくんの写真はケータイに、恥ずかしながら数枚しかないのですが、見ると今でも目が熱くなってきます。でも同時に、不思議と胸がほんわりすることもあります。
きっとお空の上で、あの綺麗なまんまる姿で眠っているんじゃないかな?と思いました。
Posted by そらりんご at 2015年05月07日 13:38
お手紙ありがとうございました。
ボレロくんのお葬式で見た彼は気持ちよく眠っているように見えました。
きっとお膝の上で最期まで幸せだったからじゃないでしょうか。
また会いに行きます
猫スタッフにも、人スタッフにも。
Posted by ハル at 2015年05月07日 19:02
私も飼い猫を亡くした経験があるので、お気持ちはすごくわかります。
私もまだボレロくんの写真を見ると涙が出てしまいます。
しばらくは思い出しては涙してしまうとは思いますが、
きっとボレロくんはいつもそばにいて、アダージョでみんなと一緒に遊んでると思いますよ(^-^)
ありがとう、ボレロくん。また会える日まで・・・。
Posted by ま〜み at 2015年05月07日 22:22
私も何匹も家族を送ったので、
お辛い気持ち良く解ります。
少しずつ元気になればいいんです。
きっと他の子達がボレロ君の分も
愛してくれますよ。
だってみんな大切な家族なんですから=^ω^=♪
Posted by anzu at 2015年05月07日 23:15
うちにも飼っている子がいるのでお辛い気持ち、
「もっと一緒に居たい」というお気持ちがとてもよくわかります・・。
(私も人生初の猫子育て真っ只中の新米母です。)
ボレロ君と言えば・・・
ボレロ君と奥様の相思相愛な姿や ピアノちゃんやカノンちゃんのベビーちゃんたち
フーガ君のお世話をしている姿を思い出します。
また個人的に、メンバーズカードのワルツ君との2ショットのかっこいいボレロ君が大好きです♪
まだまだお辛いと思いますが、ボレロ君はいつまでもアダージョや
ご夫妻の元を離れないで見守ってくれていると思います。
またお邪魔した時は、ボレロ君や猫ズ皆とお話をさせて下さいね。


Posted by サンタママ at 2015年05月08日 10:44
>ゆみ様
私も書きながらボロボロ・・・
きっとお家の猫ちゃんも、ここにいるにゃーんって言ってくれているんでしょうね。
先のことを考えるとつらいですが、いつか来るその時まで、一緒に楽しく過ごせたら最高ですね!
Posted by adagio at 2015年05月11日 14:02
>そらりんご様
本当にあっという間に時が過ぎ、正直気持ちが追いついていかない時があります。
実は私もボレロの写真は数枚しかないんですよ!
ほとんど抱っこしていて、まともに撮れなかったんですが(-_-;)
でもその数枚は、超秘蔵写真ばかりです揺れるハート相変わらず親バカ・・・
今度お見せしますぴかぴか(新しい)


Posted by adagio at 2015年05月11日 14:17
>ハル様
苦しかったし、つらかったと思うのに、そんな顔一つ見せず、本当にお昼寝している様なとても穏やかなお顔でした。
やっとゆっくり眠れる様になってホッとしたのかもしれません。
私も膝で最期のお顔を見たとき、あまりの穏やかさに、この子は自分の猫生を最後まで生き抜いたんだろうなと、少しホッとした気持ちもありました。
幸せだったと思ってくれていたら、本当にうれしいです。
ぜひまた、みんなに会いに来てください。
お待ちしています。
Posted by adagio at 2015年05月11日 16:05
>ま〜み様
オープンした頃の、若く元気な写真を見ると涙が出ます。
こんな風にもっともっと遊びたかったなって。
でも今、姿は見えないけれど、一番近くに感じられるのでなんだか嬉しかったりもします。
不思議な事に、猫界の49日を過ぎてから、ボレロお気に入りのハンモックに、他の猫ズも入るようになりました。
皆にはボレロが見えていたのかなぁ?なんて思ったり。

私もボレロに、きっとまた会えると信じています。
その時を楽しみに“猫ズ母さん”頑張りますっ!
Posted by adagio at 2015年05月11日 17:00
>anzu様
まだまだ気持ちに波があります。
仕方ない・・・と納得する日。
どうして・・・と悔しく、涙する日。
それでも猫ズは、容赦なくゴハンを要求してきます(-_-)
でも、私を思うみんなの優しさだ!と超ポジティブに捉えています(笑)
フーガが朝のお迎え係(時々)兼膝係になりました。
今はアルトが、文字を打つ手に手を添えてくれ、
少々お邪魔ではありますが、お返事中また泣きそうな私を、これはきっと励ましてくれている・・・はず。
そしてご飯待ちソラくんが私と相席で座っています。珍しい!
みんなかわいい家族です。
これからも変わらぬ愛情を注ぎます黒ハート
Posted by adagio at 2015年05月11日 17:59
>サンタママ様
いつかは・・・とは思っていたものの、今じゃなくてもいいのにと、その時まで何度も思いました。
ボレロは私の行動をよく分かっていて、先回りをしては待っているし、掃除のときでさえ、横で見守る。
子猫はもちろん、私が仲良しな猫はボレロも仲良くし、私が怒るとなぜかボレロもその子にパンチしたり(笑)
『猫だと思ってないんじゃ…』なんて思うほど本当に賢い子でした。
最後までおりこうな子でした。
こうしていると、今でもぴょんって膝に乗ってきそうな、そんな気がします。

ご来店の際には、ぜひ猫ズとボレロのお話いっぱい語ってくださいね!
Posted by adagio at 2015年05月11日 21:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/4031106
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリ
新着記事



RSS